携帯料金は格安SIMで安くするべき 数ある中で比較は5社で十分

最近の話題や悩み

現在スマホ代を安くするのに格安SIMが安くする方法としてかなりおすすめです。

ですが最近はかなり多く存在し把握できないほど増えてきました。。大手携帯キャリアから〜イオンなどの会社も参入しており、正直どれを選んだらいいか迷うでしょう。そんな中で元携帯ショップ店員の私が本当におすすめするのは現段階では5社で十分です。

おすすめ格安SIM 5社ワイモバイル楽天モバイル
UQモバイルahamoLINEMO

私は比較するならこの5つの格安SIMにします。選ぶ理由はデータの量や料金が決めてとまります。ですが、安さだけだと十分なサービスがなかったりするため、選ぶならきちんと調べたほうがいいです。

      なぜ5社だけなの?
それは大きく通信の環境とサポートです。基本的に今回おすすめするのは大手キャリアから出ているものばかりです。

格安SIMのメリットとデメリット

格安SIMはau、SoftBank、docomoなどの大手キャリアから出ているものから、イオンなどの会社から出ているため大きなメリットとデメリットがあります。
そんな中で格安SIMのメリットとデメリットをご紹介していきます。

メリット

メリットの大きな理由は安いことです。ですが格安SIMで安さだけ求めるであればさらに安いのはございます。ですが安さだけで通信状況や何かあった時のサービスサポートがなかったりします。なので今回おすすめする5社はそのサポートも充実しております。
通信状況も大手キャリアの通信を使用しているため、サーバーが安定しないことやサービスが悪くなることはありません。それに加えて値段が安いため格安SIMはメリットが多いです。

デメリット

デメリットは正直そこまで感じてはないです。ですが格安の会社が最近できたものだったり大手キャリアの回線を使用していない場合通信状況が悪いなどのデメリットはあります。
あとは最新の端末を一緒に購入することができないくらいです、ですが端末はiPhoneなどはAppleで購入して、SIMを指すだけで使用できます。その時のデメリットとして初期費用が高いことですね。
今の最新iPhoneは性能が高い故に金額の高額になるため、新品で購入する際は格安でもトータルすると値段が高くなる可能性があることです。なのでそこまで新しい端末にこだわりがなければ中古で購入するのが安さを選ぶ上ではおすすめです。

おすすめ格安SIM5選

今回ご紹介するのは5選と少ない紹介ですが、正直十分だと思います。私も今のところは大手キャリアを中心とした格安SIMしか利用していないです。
それはやはり通信状況やサービスの良さが大きな決め手として利用しています。ぜひ参考になれば嬉しいです。

ワイモバイル



こちらのワイモバイルの特徴は基本プランが3つとシンプルで、自分に合った使い方ができます。基本はS、M、Lの3つのプランです。最大のメリットはSoftBankの通信サービスが利用でき、ショップも多くサポートが充実していて安いことです。

シンプルSプランシンプルMプランシンプルLプラン
1,980円(2,178円)2,980円(3,278円)3,780円(4,158円)
家族割or光割引適用家族割or光割引適用家族割or光割引適用
1,080円(1,188円)引き1,080円(1,188円)引き1,080円(1,188円)引き
データ量3GBデータ量15GBデータ量25GB

このようにデータ量で料金は抑えれる以外にも家族が同じワイモバイルをお使いの場合は1,080円(1,188円)の割引やSoftBank Airや光回線をご利用でも1,080円(1,188円)割引できるなど安くなる方法は多いです。

この割引はどちらかしか利用はできないですが、そのほかにも電気もSoftBankに変えるだけで100円(110円)の割引もございます。

乗り換えの際に光やAirを新しく契約や、他社からの乗り換えの場合は特典でお金が出るほか、工事の際の料金も返金されるので安心ですね。



楽天モバイル



楽天モバイルの特徴はやはりデータ無制限で2,980円(3,278円)でしょう。これは他の格安SIM以外でもau・SoftBank・docomoにもない価格です。しかも3GBしか使わない月であれば980円(1,078円)といったお得な使い方もできます。

       Rakuten最強プラン データ量無制限
          2,980円(3,278円)
           国内通話料
             無料
このように完全に通話とdデータ量に割り振ったプランですが、無制限の利用で2,980円(3,278円)はほかに比べてもかなり安いですね。ただこれ以上安くする割引はないのがデメリット。
楽天は通信量無制限だが通信制限がかかることで有名でした。なかなか通信が安定していなかったが、携帯電話がつながり安い(プラチナバンド)が楽天に割り振られることになりました。
このプラチナバンドで大手キャリアと同じように今後繋がりやすくなることで最大のデメリットが解消できるかもしれないですね。

UQモバイル

UQモバイルはauから出ている格安の会社です。ワイモバイル同様店舗も多くauと同じ回線を利用できるためスムーズに利用可能、そして安いことが大きなメリット。プランも3つのプランからご自身にあった利用ができます。
ミニミニプラントクトクプランコミコミプラン
2,150円(2,365円)3,150円(3,465円)〜2,980円(3,278円)
自宅セット割自宅セット割自宅セット割
1,000円(1,100円)1,000円(1,100円)対象外
データ量4GB1GB〜15GB:使用量で料金が変動。データ量20GB
このように基本料金とネットや家族割引の自宅セット割で1,000円(1,100円)が適用できます。コミコミプランに関してはそのセット割が適用外です。
自宅セット割はコミュファ光や工事が要らないWiMAXのルーターを利用することで適用。そのほかはご家族や自身で2回線以上お持ちでも適用可能。


ahamo


ahamoもdocomoから出ている新しい料金プランです。よく比較されるのは同じdocomo系列のirumoがございます。大きな違いは通信量やネットの割引が違います。

ご自身にあった方がいいです、ahamoの特徴は20GB〜100GBまでの大きな通信量が使用できる代わりに割引が適用できないなどのデメリットもございます。プランは1つのみです。

             データ通信量20GB
税込2,970円ahamo大盛プランはオプションで80GBで税込4,980円
         20GBでも100GBでもテザリングOK
             国内通話料5分無料
             海外データ量20GBまで無料

このように料金は20GBから追加オプションで100GBまで追加可能。個人でWi-Fiも利用しずに利用するのであればネット料金を抑えれます。ですが光回線やみんなdocomo割などは利用できなかったりします。ですが通信速度も速くおすすめです。

irumo

ahamoと同じくdocomoの系列であるirumoは比較として比べられます。こちらは4つのプランからお選びでき、データ通信量を少なめで利用する方におすすめ。ご自宅ではWi-Fiを利用するような使い方が料金を抑えれるでしょう。
データ量0.5GBデータ量3GBデータ量6GBデータ量9GB
税込550円税込2,167円税込2,827円税込3,377円
ドコモ光割・home5G割引ドコモ光割・home5G割引ドコモ光割・home5G割引ドコモ光割・home5G割引
対象外税込1,100円引き税込1,100円引き税込1,100円引き
このように電話メインであればデータ量が0.5GBから利用できます。ahamoと違う点はデータ量をあまり使用しない方や光回線のようなWi-Fi利用の割引が適用できる点です。また0.5GB利用で電話メインであれば5分間通話し放題の追加オプションで税込880円で利用可能。
ただし利用者からの声でもありますが、通信環境が安定しないのがデメリットになるかもしれません。混雑時の通信制限がahamoの方がかかりにくいです。

新しい端末が欲しい場合は正規店、安くしたい場合は中古で購入がおすすめ



とにかく安く済ませるには新品でのスマホは10万円以上します。それを12ヶ月や24ヶ月で割った金額を月々のSIM代金に乗せると意外と高くなる場合があります。

なので格安SIMで契約の場合は元々お持ちのスマホを使用するか、中古で購入が安く済みます。その後UQモバイルなどからauなどに乗り換える場合は安く契約ができるので、なるべくその時に最新のスマホを契約することがいいでしょう。

それか他社の乗り換えであれば、イベント時にお得なポイントや安くする方法が多く存在します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました