味仙名古屋では認知度100%?味仙とはどんなお店で魅力や人気メニューは?

最近の話題や悩み

味仙というお店は名古屋では知らない人がいないほどの人気なお店です。

愛知県だけで14店舗ありますが関東にも増えつつあります、その発祥の地名古屋ではひつまぶしや手羽先といったソウルフードに次いで味仙というお店が入るかもしれないです。

そんな名古屋では知らない人がいない味仙について以下のことをまとめてみました。

  • 味仙名古屋では認知度100%?味仙とはどんなお店で魅力や人気メニューは?
  • 味仙とはどんなお店で魅力や人気メニューは?

ということで「味仙名古屋では認知度100%?味仙とはどんなお店で魅力や人気メニューは?」と題して記事をお届けしていきます。

味仙は名古屋での認知度100%?

週刊さんまとマツコで放送もされた味仙についてですが、私名古屋在住ですがもちろん周りでも知らない人がいないほどの認知があります。

なぜ味仙が名古屋で認知度100%と言われているのかご紹介していきます。

芸能人でもわざわざ名古屋の味仙に食べに行くくらいファンが多いですが、お店によって個性がある店舗が多いため知れば知るほど面白いかも知れないです。

台湾ラーメン発祥が味仙

意外かもしれないですが全国でも当たり前になっている台湾ラーメンは実は台湾発祥ではなく名古屋の味仙発祥です。

台湾のソウルフード・担仔麺(タンツーメン)をヒントに、ひき肉を唐辛子やニンニクで炒めた“台湾ミンチ”やニラ、ネギ、もやしなどの具材を加え、鶏ガラベースのスープに唐辛子をふんだんに入れた激辛麺、これが台湾ラーメンです。

台湾料理屋がメインですが、看板メニューとしてこの台湾ラーメンが完成しました。

このため名古屋駅や周辺店舗、本店の今池など行列ができるほど人気な店舗です。

そんな味仙は名古屋の人は認知度は100%というのも納得です。

この台湾ラーメンは芸能人にもファンが多く、台湾ラーメンを食べるために味仙にくるというくらい人気です。

1日800杯は出るというくらい台湾ラーメンは人気なメニューですが、もちろん他の料理も絶品です。

味仙の台湾ラーメンの辛さはランクが6つ!

味仙の台湾ラーメンは辛い人にも食べられるようなに辛さの段階が6つあります。

そんな味仙の台湾ラーメンの辛さをご紹介していきます。

  • 辛さレベル1:アメリカン
  • 辛さレベル2:台湾ラーメン(通常)
  • 辛さレベル3:イタリアン
  • 辛さレベル4:メキシカン
  • 辛さレベル5:アフリカン
  • 辛さレベル6:エイリアン

味仙の定番メニューである台湾ラーメンは辛さレベル1のアメリカンでも普通に辛いそうです(笑)。

コーヒーの濃さが由来となっているそうですが、メキシカンとアフリカンだけ辛そうな感じがします。

ですがその上のエイリアンなんかは辛そうすぎて頼めるのは本当に自信がある方だけがおすすめです。

味仙とはどんなお店で魅力や人気メニューは?

味仙は台湾ラーメンが有名ですが、味仙とはどんなお店で魅力や人気メニューは何かご紹介していきます。

そんな名古屋のソウルフード味仙をご紹介します。

味仙の魅力は店舗ごとに味が違う!

味仙とは台湾料理専門店です、今池本店を筆頭に創業者を含む5人兄弟がそれぞれお店を持ち、基本メニューを同じにしながら別々に経営をしております。

そんな味仙の魅力は店舗ごとにメニューや味が違うのが魅力です。

普通は系列店は味がどの店舗でも同じが普通ですが兄弟が別々に経営していることから、基本は同じですが味が異なるのようです。

普通は味に偏りがないのが普通ですが、店舗によって味が違うのが逆に魅力となっているようです。

料理の提供スピードが早すぎる!

味仙の魅力として料理の提供スピードが早すぎるといった声があります。

人気メニューの青菜炒めに関しては提供されるお冷と同じくらいのタイミングで出てきます。

正直どのメニューでも5分くらいで出てくるイメージです。

その提供スピードが速い理由として、オーダーを通した瞬間に鍋を振る人が6人います。

そのため1人が複数のメニューを作らないため提供スピードが早いようです。

味仙の人気メニューは?

今回味仙で最もおすすめするメニューをTOP5でご紹介していきます。

初めての方でも必ず食べておいてほしいメニューです。

  • 1位:台湾ラーメン(630円)
  • 2位:青菜炒め(680円)
  • 3位:ニンニクチャーハン(730円)
  • 4位:酢豚(530円)
  • 5位:手羽先(450円)

1位は看板メニューの台湾ラーメンですが、他の料理も間違いなく美味しいため全ておすすめです。

個人的には青菜炒めとニンニクチャーハン、手羽先が大好きです。

ランキング外でもおすすめは小袋(680円)やアサリ炒め(680円)、エビマヨ(1600円)の商品が個人的に好きなメニューです。

まとめ

今回は「味仙名古屋では認知度100%?味仙とはどんなお店で魅力や人気メニューは?」を最後までご覧いただきありがとうございます。

台湾ラーメンの発祥が実は味仙ということもあり、看板メニューは台湾ラーメンです。

ですが台湾料理全ての料理が美味しいためハズレはないです。

名古屋では当たり前に知っている味仙について記事を書きましたが、ぜひ名古屋飯をために来る際には味仙にいってみてきださい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました